寅太郎物語~ベラジョンに出会うまで~最終話

皆さんこんにちは。いつも寅太郎物語がお世話になっております。さて、寅太郎物語なんですが、今日で最終話にしようかなと思いパソコンをポチポチしております。

理由・・・カジノとかギャンブル関係なくなっちゃったから。学生時代の思い出や体験はキャスで話せば良いよね。最近ヒキ弱すぎて配信存続の危機ですが、、、、

正直言って俺がベラジョンの存在を知ったのってホームレス卒業して租界に拾われてからなんだよね。。夜になると、配信部屋の方から

「ナイスー!!スキッ!!!クソがっ。。」

と情緒が不安定ないろんな感情の声が聞こえてくる。見てみるとまだ顔出し配信していない時のデルピ兄だった。ここぞとばかりの勝負時になると歌をうたったり「はじめてのチュウ」をしょっちゅう歌うもんだから、ボスが「もうそれ飽きたよ何回歌うんだよ」と言っていたのを思い出す。

最初はオンラインカジノなんて何にも分からなくて「バカラ」のルールすらさっぱりだった。まぁ今もだけど。。。ただスロット打ってたりゲーセンでメダルゲーム沢山やってきた人間だったのでビデオスロットの方は何となくアツそうな場面は分かった。

なので最初はアシスタントとして声援を送ったり、コメントに対して返事してみたりデルピ兄のギャグに笑ってみたり。

そして11月1日、配信がガラッと変わった。「生デルピエロ配信」である。あの日の皆さんの衝撃は凄かったのではないでしょうか?

「えっ、がちピエロ!?」 「となり誰?」 「意外とイメージ通りかも」 「マスクの内から伝わるイケメン感」などなど。

思うことは沢山あっただろう。しかも生デルピ配信初日、爆勝ち。さすがだよね本当に。ヒキ強めは伊達じゃない。

ヒキももちろん強い訳だが改めて見返してみるとやはり立ち回りが上手い。ビデオスロットで大事だと思うのはBET数とヤメ時なわけだが、そこの見極めが本当に上手だった。

そりゃギャンブル。全く勝てない時だってある。しかも、競馬や競艇など公営ギャンブルのように色んな要素を組み合わせて予想する。なんてことができないですからね。かと言ってパチスロのようにモードやゾーン、天井があるわけでもない。運否天賦ある。難しいね。でも楽しいよね。

そんなこんなでデルピ兄の配信アシスタントとして一緒にキャスをやるようになったんだけど、ただコメント読んでるだけじゃだめだと思って色んな台をデモで回したり確率調べてみたりもした。

とにかく勝負強くてみんなに愛されているデルピ兄を見てどうにか追いつこうと必死だったのかもしれない。

今思い返すと最初俺が初登場した時は「目がかわいい👀」とか「優しそう💛」とか「面白い☺」とか沢山チヤホヤされてたのに最近俺のいじり方が分かってきたリスナーの方は俺が満を持しててやったギャグに対して  「うん」 「そうだね」 「すごいね」 「おもしろいね」って、、、俺はやっとみんなと仲良くなれた気がして嬉しいです。笑

俺はデルピ兄とやってる配信がほんとに楽しくて毎日の配信の時間が待ち遠しいくらいでした。

配信が終わると「遅いから送るよ!」といつも車で家まで送ってくれました。その帰り道も楽しくて、配信の反省会をしたりオカルトチックなバカラのロジックを考えてみたり恋バナに花を咲かせたり。いつまでも続く時間だと思ってました。

こんな事書くつもりじゃなったので少し早送り。年が明け1月24日。15000ドル入金から約2週間で残高10万ドル達成。皆で喜び、リスナーのみんなともアツさ感動を共有し最高の時間になった。

ここで初めてデルピ兄にドヤ顔できる!!なんて思ったりもしたし、後は俺に任せてください。なんて格好つけてる自分がいた。しかし、忘れもしない不正ログインから調子が狂ってきた。思い返すとあれから消極的で保身に走る博打をしていたのかもしれない。

「負けるつもりで博打をしたって勝てない。心に余裕がなくても勝てない。博打を楽しんでない奴はなおさら勝てない。」

今思いついた言葉だ。でもその通りな気もする。負ける気だったり心に余裕がないのはBET額とかにも影響出るし。ただ、ここ最近の俺に言える事だが、負けたくないと言う気持ちが先行しすぎて負のオーラを放ち、結果立ち回りに影響していたんだろうと思う。

「博打勝ちたい」

それは当たり前。じゃあどうするのか。あえてBETを下げるのか、イチかバチか上げるのか、人それぞれだし正解はない。ただ投げやりになってはいけない

しかも俺は新宿租界にいる。ボスを筆頭にここぞとばかりに勝負強い本物の博打打ち兄貴達がいる。勝てない。ヒキが弱い。そんな事言ってる時点でお門違いな悩みだったのかもしれない。楽しまない博打なんて気の抜けたコーラと同じ。刺激がねぇんだよな。

勝つ勝つんだよ。チャンスはいくらでも転がっている。俺はそれをつかみ取る。俺の成り上がりはまだまだ終わらない

もう気が付けば3月になる。別れと新たな出会いの季節。桜の木の下花見でもしたいですね。

2月28日。少し早いけどデルピ兄。お誕生日おめでとうございます。

無理やりまとめた「寅太郎物語」ですがいつも読んでくれている皆さん本当にありがとうございます。今後も配信のことだったり日々雑感を書いていこうかと思いますのでよろしくお願いいたします。

いつも配信でやっているベラジョンは下記URLから登録できます。わからないことがあればTwitterのDMでも良いのでご連絡ください!

http://bit.ly/2UVYJxZ

 

そして俺がいる新宿租界では只今13期の会員募集中です🔥

競馬競輪競艇オート。勝ちたいならば新宿租界。ギャンブルすべてにおいて頼りになる兄貴たちがいつでもみんなを待ってます

https://t.co/DI8aOdI111?amp=1

 

ではでは👍

 

牛込寅太郎

ドン底からのサクセスストーリー。令和元年10月25日にホームレス卒業。新宿租界のアルバイトから年収2000万円を目指します。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)