AlchemistStoneは怖い

AlchemistStone直訳すると錬金術師石(google翻訳より)
魔法ものとおもいきや、錬金術とは変わった趣向です

正直なところ、どの台が新しい台なのか不明
ベラジョンカジノTOPから一覧を見てNEWマークがついているものが新台という認識でいるが
新台の中にも最新台から前回導入台まで様々と思われる
「こちらでまだ紹介していない」かつ「NEWのついている台」を新台の定義としたい


AlchemistStoneを触る前にハワイアンドリームを少しばかりやってみたのですが
当たりが早くそれなりに続いたので、早々に台を去ることに
微増も含めこれまで勝ち越していることを鑑みると
そろそろ運気も下降気味になるかもしれないと不安があります

そのような不安を「AlchemistStone」は払拭してくれるのか?
盤面は、魔法と言われて想像する不可思議な柄と大小様々な形の石が並んでいる
メインの盤面に加えて左に1列のリールがついている
この類は深くやりこまなければ面白みが感じられないこともしばしば、、、

どういったラインが有効かが不明だが、この程度のラインは頻発する
左1列のリールに光る石が停止すると再スピン(リスピン)となる

再スピンではリールそのものの形態が横長から縦長に変化することも
再スピンさらに再スピンなどあったが、今回は獲得賞金が大幅に上乗せということがなかった

こちらが再スピンで縦長に変化した盤面

右の1列リール上にこの光る石が停止した時
「錬金術師の石」「ロックが解除されました」
といった表記がでたのだが、初回はなにもなく終わった

2度めの錬金術師の石が止まったあと
WILDが数個盤面にきたおかげか、×3となり最終的に7.20

なぜ2.50×3が7.20になったのかが理解できない、、、不可思議な現象
前回までに少しずつ増やしてきた残高と、直前のハワイアンドリームで増えた$14
入金時の$50が倍以上に増えていたのだが
「AlchemistStone」に挑戦し随分と減らしてしまった

AlchemistStoneは余裕をもって

運気の流れの下り坂か、自身の忍耐不足か
今回の挑戦は失敗に終わってしまった
直前のハワイアンドリームに気をよくしすぎてしまったことが敗因のような気もする
「AlchemistStone」再スピンの出現率は高かったが、再スピンを継続させていかなければ
獲得賞金の上乗せが期待できないのだと思う
突入率よりも継続率に目を向けるべきだったのかもしれない

ベラジョンカジノもいいが、流れを変えるために次回はインターカジノをやってみようかと思う
今はウエルカムキャッシュのキャンペーンに力をいれている模様

インターカジノの登録はこちらから⇒インターカジノ
まだインターカジノに登録していない人は
この機会に登録して一緒に楽しみましょう

ネコ

オンラインカジノ初心者
新宿租界とDERU-CASINO.COMを頼りに爆益を目指すネコ(ΦωΦ)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)