BookofShadows

今回はベラジョンカジノ⇒ベラジョンリンク

「BookofShadows」
直訳すると「影の本」黒魔術などのことと思われる
道理で絵柄も台の雰囲気もおどろおどろしさ満載だ
真夏にクーラーをガンガンにかけ
カーテンを締め切ったままの冷えた部屋でプレイしたら楽しいだろう

筆者は悪魔系ホラーが不得意のためあまり気が乗らないが、、、
0.10ベットで開始できるのだが
上部にある↑の矢印が気になって仕方がない
20回転近くクリックしたが配当のつく並びが来ないため
気になる↑をクリックしてみた

2段階で盤面が広くなりベットが0.20へ変化した
ラインを広げたければベットを上げてということなのか

0.20ベットになってしまったが、盤面を広げた途端に小当りが頻発するように

小当り自体は0.08など低い配当なのだが
よく見るとスタートボタン上部にカードマークとドル袋マークがでている
カードマークを選択してみると「ダブルアップ」画面へ移行した
●左⇒赤黒のカードどちらかをあてる
●右⇒ルーレットが回り縦線の箇所にとまると、、、?
ルーレットは難易度が高く「配当が高いほど当たりやすい」と説明書きがあったため今回は見送る

赤か黒かの50/50
こういった類のゲームは大の苦手である
当たってもせいぜい3回が限度だろうと思う

2度当たったところで引き下がる

小当りは配当がとても低いため
ダブルアップゲームに挑戦するところまでで一連の流れなのだろう


ルーレットを選んだ際の画像がこちら

この一筋の赤線に全てを賭けようとする猛者はいるのだろうか
賞金が低ければいいのだが、配当が高いほど当たる確率も高いと言われてしまうと
それなりのベット額、高配当の場合は心が揺らぐかもしれない


魔法陣のついた本の絵柄が盤面に3つ停止すると
フリースピンに突入するようだが、、、
時間をかけてクリックし続けたが突入することはなかった

少額の配当は捨てる覚悟でダブルアップを選択し
ダブルアップ1発目での撃沈を繰り返し
最終的にマイナス収支に落ち着いてしまった

BookofShadows感想

台としては面白みのある要素が詰まっていると感じた
ホラーが苦手な筆者でも普通にプレイできる
魔法陣の冊子が2冊テンパイしたところで「キキキキキ、、、」耳障りな効果音が鳴るのだが
ガラスを引っ掻くようなあの音が苦手な人には不向きだと感じた
フリースピンに突入さえすればいいのだろうけど

今回は敗北したが、台としてはおすすめしたいもののひとつに挙げたいと思う

ネコ

オンラインカジノ初心者
新宿租界とDERU-CASINO.COMを頼りに爆益を目指すネコ(ΦωΦ)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)