IRISH POTLUCK

「IRISH POTLUCK」直訳でアイルランドの持ち寄り
やっぱり直訳ではタイトルの意味合いがわかりにくいですね
プレイしていくとなんとなく意味がしっくり来ることも多いのでまずプレイ
やはり筆者的にベラジョンよりも相性のいいインターカジノを選択
新台ではありませんがぱっと目を引く可愛さのある台です

注視したいのはとにかく可愛い図柄たちと、アイキャッチ画像にいるおじさん
このアイルランド人と思しきおじさんはリールの左手に位置し
サンタさんのように大きな袋を持っています
この袋の中からWILDコインやSCATTER、ジャックポット図柄等をリールに向かって投げ入れてきます
投げるフリだけで投げなかったり、何かと思えばブロッコリーを取り出したり、と
おちゃめな動きの多いおじさんでとても和みます

この台の特徴はジャックポットが搭載されていること
とても可愛いSCATTERレインボーが3つ揃えばフリースピンの獲得となること
とにかくおじさんの動き次第で特別な演出を引けるかどうかが決まってくる感じです
また、このおじさんはコントロールが悪いのかWILDを投げても不発に終わることもあります
何の意味もなさない動きがあるというのもひとつの楽しいポイントかもしれません

不発やフリだけの時はおいおい、頑張ってくれよ、、、と思うのですが
大きな配当があると拍手して一緒に喜んでくれたりもするので憎めません
0.20ベットで50回ほど回したところでフリースピンを獲得し、上記画像の5.10ドル
フリスピはあまり美味しくないのかもしれないなー
150回と少しまわしてマイナス10ドル程度で、4ドルほどのBIGWINも多いです

おじさんがジャックポット図柄を2つ投げ入れたのに3つ目は停止しなかったのですが
何の気の迷いか、リール停止後におじさんが3つ目のジャックポット図柄を投入
え?ジャックポットということは高額配当が来るのでは?とドキドキする筆者

どうもこのルーレットが2~3段階ほどあり、▼に停止で次の段階へ進めるようです
中心が配当の一番大きなメガジャックポット
残念ながら0.5ドルという意味のわからない配当を得て終了でした
ルーレット画面をしっかり見ていませんでしたが、×2に停止したのでしょう
ジャックポット(チャンス)は3回引きましたが0.5ドル、2ドル、2ドルの配当でした

画像には写り込んでいませんが、通常時はリール右下にくるくると回転する立て看板があり
×1~×5のマルチプライヤー表示になっています
後半は×5の停止回数が多かったため少ない配当でも少しずつ増やすことができました

1回のフリスピを引き、ジャックポットも3回引けましたがどれもイマイチ
もう一度だけフリスピを引きたいなと思って随分と粘りましたが叶いませんでした

2度目のフリースピンは叶わなかったのですが、おじさんがWILDコインを5枚投入したため
ラストにSUPER MEGA WIN15ドルを獲得することができ、+16ドルになりました
フリスピやジャックポットが不発続きで長く粘ったのにプラスだったので
全体的にみて良心的な台だったと思います

★今日もいつもの⇒⇒⇒インターカジノで遊びました

ネコ

オンラインカジノ初心者
新宿租界とDERU-CASINO.COMを頼りに爆益を目指すネコ(ΦωΦ)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)