SHAMROCK HOLMES

今日も今日とて、、、ベラジョンカジノ新台(ギリギリ新台かな)の「SHAMROCK HOLMES」
ということは虫眼鏡を持った人物はシャーロック・ホームズなんですね
筆者はシャーロック・ホームズと思われる人物を猿のキャラクターだと思っていました

だって盤面を見る限りではファンタジーな印象を受けませんか?
木で出来ている盤面に妖精っぽいキャラクターがいたらファンタジーと勘違いしますよね
タイトルにも魔法とか妖精という文言があるので、探偵のシャーロック・ホームズとは別?
など諸々考えていたら気が付きました、シャーロック・ホームズではなくシャムロックだと
なにそれややこしい笑

気を取り直して、、、ファンシーな盤面ですがゲーム性はシビアに感じます
最低ベットは0.20ということで、あまり動きがなかったら即撤退しようと決めて開始
上部に横に動くリール、メインは大小様々ですが、最小で6×6マスになる36マスかな
ひときわ目立つ三つ葉のクローバー柄のメダルはSCATTERとなっているようです
このメダルが4つでフリースピンを獲得できるみたいですね

道中SCATTERが3つとWILD図柄が1つ停止して、いつもと違う演出が出現しました
もしかしてWILDもSCATTER扱いになったりする?(いやないだろう)と期待しましたが
盤面にレインボーの光がキラキラ注いでリスピンになっただけで終わってしまいました
この後に三つ葉のクローバーメダルだけが3つ、盤面に停止した際にも同じ演出がきました
なるほど、、、SCATTER3つでリスピンということなんですね、WILDは無関係と判明

当たりは多いものの配当が少ないためじりじりと残高が減ってしまい、マイナス9ドル
ここで救世主!フリースピンを引くことが出来ました
はじめはメダルが2つだったのに、連鎖の中でうまいこと残り2つのメダルが落ちてきました

10回のフリースピンが付与され、無制限のマルチプライヤーという文言にドキドキです
関係ないけれどこの台、至るところでレインボーのキラキラがあって嫌いじゃない

フリースピン中はリール周りにある枠の色が変化していました
ほかはこれといって変わった部分は見られず、通常時との差異はありませんでした

唯一ひけたビッグウィンは3.72ドル
もうちょっと頑張ってくれても良いんじゃないかと心で叫びます

配当は低く、いいあたりがくる気配もありませんがマルチプライヤーは地味に伸びます
しっかり見ていなかったのですが、三つ葉のクローバーメダルがマルチプライヤーに影響?

フリースピンが上乗せされることはなく、10回のみで終了
マルチプライヤーは×8まで伸び、ラストで配当がついたので合計8ドルの配当でした

シャムロックホームズとは

結果は、フリスピが終わった時点でマイナス1ドルまで戻ったので即止めしました
フリスピの上乗せがきてマルチプライヤーがどんどん伸びれば高配当が狙えそうです
初回のフリースピン付与回数が10回あるというのも大きいと思います
余談ですが、虫眼鏡とパイプを持ったシャムロックホームズの耳は尖った耳でした
きっとシャムロックホームズも妖精なんだろうな、、、なんでこんな名前にしたんだろう
不思議は尽きませんが、当初の想定より全然負けなかったので良かったと思います
★不思議と謎だらけの新台「SHAMROCK HOLMES」は
 ⇒インターカジノと⇒ベラジョンカジノでプレイ可能です!

ネコ

オンラインカジノ初心者
新宿租界とDERU-CASINO.COMを頼りに爆益を目指すネコ(ΦωΦ)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)