SLINGO Berserk~スリンゴに手ぇだしちゃダメだ~

今日手を出した新台は“SLINGO Berserk”タイトルにスリンゴとあるのにスリンゴと気づかず禁断の扉を開いてしまいました。
スリンゴは過去に租界のデルピエロがツイキャスでやっていた記憶。悪魔のような台という記憶。ボスの「やめ」っていう声が未だに耳に残っています。
でもよくよく見ると0.2からいけるんだ~じゃあ私もできるんじゃない?なんて思ってしまった。
スリンゴってさ、回を重ねるごとに賭け額あがってくんですよ。今回は、それをすっかり忘れていたがために沼にハマった人のお話です。

まず最初は0.2で10回のスピンがあります。たぶんこの最初の10回でどの程度いけるかがその後に深く関わってくるんだろうなぁ。
でもスリンゴなんて自分ではしたことがないので、どの程度開けばGOでいいのか判断がつかず、そのまま続行しました。
沼の入り口への招待状だったんです(´・ω・`)

ここでやめたら2ドルだよ~の意味を、ここで2ドル獲得したのだと思ってしまった私は(残高見ろよ)何も考えずポチポチしてしまいました。沼!!

2ドルはもらえていないと気づいたときにはもう遅かったんです。こんなの見せられたら最後までやらないと、少しでも戻さないとって思いますよね。最終的にもちろん100ドルげっとできたのですが、マイナス53ドル(´;ω;`)こんなん泣いちゃう・・・

ここでやめれるか~!!と再挑戦したらサクサク進んでくれたおかげでマイナス8まで捲れ、本当に、本当になんでここでやめなかったのか自分を恨みます。調子にのって3回目のチャレンジをしたせいで、泥沼です。すご~く地道にコツコツためてきたキャッシュが一瞬で半分以下になりました。もう余力も気力も残っていない状態です。

悲観しても仕方がないので、残っている残高をまた地味に増やして行きたいと思います、、
【教訓】
ギャンブルはアツくなったら負け!

ネコ

オンラインカジノ初心者
新宿租界とDERU-CASINO.COMを頼りに爆益を目指すネコ(ΦωΦ)

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)