寅太郎物語~ベラジョンに出会うまで~その8

前進をしていない人は、後退をしているのだ。byゲーテ

深いね。ゲーテの言葉は深いよ。でもみんな、前に進んでも道が見えない時がある。そんな時は立ち止まって、後ろに逃げーてもいいんだよ。byとらを

今日から児童養護施設実習の2日目以降の物語。博打の話など二の次になってきたが聞いてくれ。。。俺にもなぜこうなったか分からない。

2日目以降の実習

まずは部屋にいる子どもたちと仲良くすることから始める。正直幼児や小学生の心を掴むのは容易いことであるが前回も言ったように既に年頃の中高生と打ち解けあうには時間や何かきっかけがいる。そんな事を考えていると平日の朝はあっという間にみんな学校へ行ってしまう。ここの施設は学校のように給食室があり、そこからご飯を受け取り各自の家で配膳、リビングで皆で食事をとる。家でご飯を作ることもあるが、基本はこのスタイル。中高生は身支度を済ませると各自登校する。俺の「行ってらっしゃい」の声掛けには無視。まだしょうがない。

次に小学生を見送り、最後に幼児を幼稚園に登園させる。最初だからということで男の職員が付いてきてくれて一緒に登園した。

見送った帰りがけ、道路の脇に喫煙所があるんだが、男性職員が「一服付き合ってくれ」という。もちろんたばこなんて持ってきてないのでそれを伝えると、

はいよ

とマルボロひと1箱とライターをくれた。「2週間通して実習中はこの1箱な!」と。俺は泣きそうになった。1日目のオリエンテーションの際さり気ない会話で喫煙者かどうかの話をしていたのを思い出した。本来ならこんなことは学校側はもちろん施設としてもやってはいけないことだろう。どうにか緊張をほぐそうとしてくれた職員さんに心から感謝した。続けて職員さんは、

「男性の実習生とか職員が減ってるから頑張ってほしいんだよね。思春期の子どもが多いし、子どもたちも実習生が2週間そこらでいなくなることも知ってるからさ、なかなか心開かないかもしれない。でもそれで終わらないで全力でぶつかっていってほしい。」

と声をかけてくれた。本当にうれしかったし頑張ろうと思えた。

思い返すと俺が配属された部屋に勤める男性1人女性3人の職員さんは全員優しく、常に子ども達と向き合っており、実習生に対しても分からないことは何でも丁寧に教えてくれる素晴らしい方々でした。

職員とうまくやっていけるかなぁという俺の当初の不安は序盤でかき消され、不安要素は子どもとの関わりと日誌とパチスロ打つ暇があるかの3つになった。

結果からいうとパチスロを打つ暇は あった 。しかも実習中の収支バリバリプラス。休みの日はサザンアイズ打ちまくってた。設定C。。。ムズイ。頑張ったけど。4800枚ほど流した。平日でも勤務が早番だと帰りに打ちに行き、少し出して帰る。ちょい負けして帰るの繰り返し。しかしここで問題が一つ生まれる。打つ時間が長くなるほど日誌を書く時間が無くなるのだ。自己責任ですね。

ただ児童養護施設は日誌の出来うんぬんよりも子どもとの関わりとその考察、児童養護施設についての理解を深めることが大事になってくるので、そこまで日誌についてはきつく言われなかった。

こうなりゃ後は子どもと積極的に関わり、部屋の家事をこなしていくだけ。。頑張ろう。

実際にやる家事の内容だが、一般家庭の親がやっている事と何ら変わりない。職員が親代わりなので、掃除洗濯皿洗いなんでも職員が行う。それを俺も見様見真似でやれる事から手伝う。

子ども達が無事に登校、登園すると部屋の中には誰もいなくなる。そこで職員は掃除をしたり記録をつけたり施設全体の打ち合わせをしたりする。

実習生は基本打ち合わせに出ないので一人で掃除をしたり山のようにある洗濯物を畳んだりする。が、裏を返せば何をやっても良い。俺は自由なのだ。

職員が打ち合わせに行ってからの俺の鉄板コース

1.掃除を済ませる

2.洗濯物を速攻で畳む

3.その他整理整頓

4.お湯を沸かす、冷凍ご飯を温める(勝手に)

5.コーヒーを淹れる、冷蔵庫を漁ってたらこを見つける。ご飯に乗せる。

6.いただきます。

7.速やかに食べて食器を洗い証拠隠滅。

8.日誌用のメモを書く(ふりをする)

9.(職員帰ってくる)「掃除ありがとう!メモもとってまじめだねぇ」

10.押忍!!!!(完ぺきだ)

こんな毎日を繰り返した。ちなみにボート野郎はパンケーキ作ってた。俺の部屋におすそ分けしに来た。。。こんな実習生は嫌だ

 

よし。今日はここまで。書きすぎた。この内容飽きた人はTwitterで「飽きたよ」って言ってください。面白いと思ってくれた人は面白かった理由も教えてください。

それとこのブログは見てるけどインターネットカジノやったことない。でも興味がある。とか、ベラジョンもう嫌だインターカジノやりたい!!でもよく分かんない。なんて人もいたら自分のTwitterにDM下さい!わかる限りで教えられたらと思います🔥気軽にどうぞ😉

bye👍

牛込寅太郎

ドン底からのサクセスストーリー。令和元年10月25日にホームレス卒業。新宿租界のアルバイトから年収2000万円を目指します。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)